最低限の生活とは?その基準を調査してみた

貯金のために節約することや、友人が話す「お金がない」という基準ではありません。

人として生きていく上に最低限必要なもの(食料、水、住む場所、衣服など)に必要な金額です。

もし職を失い収入がなくなったとき、生活するための最低限度の金額を知っておけば、どのように生活を見直せばいいのかが分かります。

最低限の生活費を考える

最低限の生活費を考える

たとえば、貯金が100万円あり、ひとつき最低限必要な金額が15万円の人は、急に収入がなくなったとしてもしばらくは生活を送ることができます。

次の仕事を見つけて新しい収入ができるまでは貯金で暮らし、生きる上での最低限の生活は送れるということです。

お酒や外食、娯楽で使うお金のために月30万円欲しいと考えて職探しをしている人がいたとしても、最低限の生活が15万円でできるのならば、アルバイトで職探しまでつないで生きることも出来ます。

また、最低限の生活を送れる月収の仕事をとりあえず決めるという選択肢も生まれます。

では、生活にかかる各費用についてみていきましょう。

食費を抑えて生活費を抑える

流行りのものや身体に良いものではなく、安い食材を使った自炊をしましょう。

インターネットで検索すれば食費を節約するレシピが沢山ヒットします。

レシピだけでなく食費を安く抑えるコツも多くあります。

1日500円以下で暮らすことはそんなに難しくないという意見もあります。

また、4人家族で食費月3万円以下の家族の例があったり、家族が多い場合でも食費を抑えることができます。

こちらの記事では、夫婦・一人暮らし別の節約術についてまとめたのでぜひご覧ください。
夫婦・一人暮らしの食費節約術

月々かかる居住費を減らすには

住宅ローンの返済や家賃・共益費です。

住むところは生きる上で最低限必要であり、実家暮らしの場合は最低限の生活費に住宅費はかかりませんが、それ以外の人は月々必ずかかる費用です。

収入が少なくなった場合は、より費用がかからない住居に引っ越したり、家を売ったりすることが必要になります。

住居費の節約について詳しくまとめた記事がありますので、こちらも参考にご覧ください。

節約で水道高熱費を抑える

これらは必要最低限以外使わないことで費用を抑えることができます。

水道費は溜めたお湯を使うなどなるべく使わないようにし、洗濯に再利用したりすれば最低月1万円以下に抑えることもできます。

電気は早く寝て必要以上は付けません。

テレビは最近家に置かない人も多く持たなくても困りません。

水道光熱費は払うのが遅れてもすぐに止められないため、最低限を考えるならば食費を最優先して考えてください。

家での通信費はいらない

今はスマートフォンでインターネットを利用する人が多いので、家の通信費を抑え、持ち歩きができるモバイルWi-Fiルーターで済ますことができます。

わたしの経験上、一人暮らしの大学生は家にルーターを持たない人が多く、暮らしに困ることはありません。

食費節約でレシピを検索する、仕事を探す、など、インターネットは必要になることが多いのでネット環境はあったほうが良いでしょう。

モバイルスポットも街には多くありますが、そこでしかインターネットが使えないと少し不便かもしれません。

水光熱費と通信費は加入しているプランの見直しで節約になることがありますので、こちらの記事をチェックしてみてください。
水道光熱費・通信費はプランの見直しで節約できる!

生命保険の解約はよく考える

保険料の支払いが負担になるからといって保険を解約してしまうと、事故に遭ってしまったり入院したり、家族に不幸があったときに困ってしまいます。

保険の解約はデメリットが多いこともあるので安易に解約することはおすすめしません。

月々の保険料負担が厳しいのであれば、保険期間中に減額することによって保険料の負担を軽くしたり、払済保険や延長保険で保険料を支払わずに契約を有効に続けることもできます。

すぐ解約してしまうのではなく保険会社に相談した方が良いでしょう。

教育費をどうしても抑えるなら

家族の場合教育費はどうしてもかかりますが、私立ではなく公立校に通ったり、高いお金のかかる習い事はさせないようにするしかありません。

一時的にお金がない場合は教育費を優先させることができますが、長期的に収入がない場合は抑える必要があります。

生命保険と教育費は節約というより工夫次第で抑えることができます。

生命保険と教育費について、詳しくはこちらの記事でまとめてありますのでご覧ください。
生命保険費と教育費の節約は可能であるのか?

自家用車は本当に必要なのか?

東京などの都市に住んでいれば電車移動で充分ですが、田舎の場合車が必要であるという話はよく聞きます。

しかし買い物に行くのに車が必要なのであれば、機会を少なくして一度に買い物を済ませればタクシーで済むかもしれません。

子供の急な病気や車を使わなければ大変な距離の買い物などの場面でも、タクシーや電車やバスを工夫して利用すれば、車を持つよりも安く済ますことができます。

電車やバスが整備されていなくて本当に車が必要な地域もあるかもしれませんが、本当に必要か?と見直すこともできるでしょう。

美容費、嗜好品、交際費などはいらない!

最低限の生活にはプラスアルファなので必要ないでしょう。

ただ社会に出て仕事をするうえでの見た目を保つためには散髪、衣服を適度に入れ替えることは必要になります。

フリマアプリで安く服を買えたり、カットモデルで無料で散髪できたりする時代なので費用は安く抑えられます。

最低限度の生活を考えるうえで娯楽費は不必要ですが、ふだん最低限の生活を送ることは難しいと思います。

娯楽費をなるべく抑える方法が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
生活費の節約はどれだけ娯楽費用を減らせるかで決まる

必要最低限を知ること

必要最低限を知ること

収入が安定している生活を送っていると、「25万円じゃ足りない、最低30万円は必要」という考え方になり、収入がいくらでも皆同じように考えるのではないでしょうか。

しかし突然職を失ってしまい、収入がなくなってしまうこともないとは言えません。

その時に、これまで見てきた最低限から「生活レベルを落とす」考えを持っておけば、希望が見えるかもしれません。

その状況の中で、今までの理想の生活水準に合わせ続けてしまったり、どうすればいいのか分からなくなってしまうよりは、住むところを変えたり、車を売れば生きていけると考える方が視野が広くなるかもしれません。

普段から必要最低限の生活をする必要はありません。

お金に困ってしまったとき、最低限いくらあれば生きていけるのかを知っていることで、これからの生活を冷静に立て直しやすくなるということです。

万が一の犯罪に防犯対策、いつ起こるか分からない災害に防災対策をするように、最低限の生活費を計算してみてはいかがでしょうか。